Skip to content

筋肉は筋ボケが進行しその上に脂肪がでっぷりとついてしまい形もどんどん崩れていきます

Posted in ED, インポ, ペニス増大, and 勃起

射精までのインターバルが短い

セックスが充実すると考える人は多
男性がセックスをどのようなものと理解しているか、どのようなセックスが良いのだと思っているかで二人の間のセックスの質が決まってしまいます。そのため勇気を出して自分の希望を伝えたりする女性もいるのですが、男性によってはそれを屈辱のように感じて、自分のセックス観を意地になって押しつけてくる人もいます。我慢をして受け入れるだけの状況が長く続けば、女性は次第にセックスを苦痛以外の何者でもなく感じるようになるでしょう。そして、ある時、受け入れを拒否するようになるのです。また、拒否をしなくても、我慢だけのセックスでは男性を満足させる反応などできるわけもありません。

EDも暮らし習性病と深い結びつきを持ちます
男性がいくら頑張っても自分の望む反応のない女性、自分から積極的にセックスを楽しもうとしない女性に対して男性は段々と冷めていくものです。単調なセックスが続きマンネリがつのっていけば奥様に求めることも減っていくでしょう。自分勝手な我慢だけのセックスを求められなくなることは、セックスの喜びを知らない女性にとってはひたすら安心なことなのかもしれません。しかし、それはご主人様が元気であるうちのことであればよそに性欲のはけ口を見つけることに直結することです。つまり、専業の主婦であれば自分の生活を脅かされることに他なりません。

 

筋肉があります

そんな俺にいちさんが優しく声をかけてくれた。「ごめんなさい、あなたを巻き込みたくなくて。実はお父様が借金して家族がばらばらになっちゃつたの。ここの大学にはなんとか奨学金で入れたから今はこの安アパートに住んで風俗で働きながら大学行ってるの……こんな私でもよければまたよろしくね」その日、あまりの偶然に俺は言葉を失った。ちんこは何かを思い出したように急に大きくなった。

筋肉痛やこむら返りが出ても続けたほうがいいですか?
「あそこに居るのはまんこちゃんだよ。ぼくいちさんのまんこちゃんとお話がしたい。ちんこはそう言うと急に大きくなった体と頭をパンツの中から出そうとしている。「あそこにちんこくん居るでしょ。早く早くいちさんが、急に何か独り言を言っている。俺はその時悟った。

 

筋肉の秘密を知りたくて身を乗り出した私に師匠はニッコリ笑って答えてくれた

日ごろから下半身の筋肉をよく使っていたのところが、現代は生活様式が変わり、これらの生活動作は日常のものではなくなりました。イスやソファに体をもたれかからせるようにして座り、歩いたり階段を上ったりすることを避け、しゃがんだり立ち上がったりする動作もほとんどしない。これでは、日常の動作を通じて下半身の筋肉が十分に使われることがなく、筋肉は次第に衰えてしまい、筋ボケが進む一方です。第2の原因が、行き過ぎたダイエット(食事制限)です。多くの女性は「やせれば美しくなれる」と思い込んでいます。

EDと迄は行かなくても
男性から見ると、それ以上やせる必要はないと思える女性でさえ、ダイエットに走り、極端な食事制限をしています。ダイエットをやめたとたんに太ってしまい、またダイエットに挑戦する、といった具合にリバウンドをくり返している人も大勢います。しかし、ダイエットをすればするほど、筋ボケが起きやすくなります。なぜなら、まうからです。リバウンドをくり返すほど、体の筋肉量は減少していき、食事制限だけでダイエットをすると、体脂肪よりも先に、筋肉がやせ衰えて、まず筋肉が落ちてし人間の体は、飢餓に備えて脂肪をため込む性質があり、食べる量が減ると、脂肪は使われずに体内にため込まれます。緊急時のエネルギー源として、体脂肪を温存しておこうとするのです。

      EDのきっかけも数種類ありあった
      仮性包茎の男性全てが刺激に弱く
      テストステロンです