横浜の結婚指輪専門店の方に教わる「結婚指輪の花」カップルリングvsダイヤリング

Posted by | Posted in テーマ《結婚指輪》2015-02-282015-02-28 2015-02-28 2015-02-28 2015-02-28

最近結婚指輪市場にも個人の好みや個性を強調した消費トレンドが広がっている。

特に若い予備夫婦を中心に品格と失速を重視して結婚指輪や結婚指輪などのカップルリングを1カラット以下のダイヤリングにしプロポーズリングを結婚指輪リングの代わりにする場合も増えている。

最近では結婚指輪は活動するのに快適なカップルリングを好む傾向にある。

「結婚指輪の花」と呼ばれるリングは、数年前までは1カラット以上の高価なダイヤリングを合わせてカップルリングを贈り物に合わせる場合が多かったが、ダイヤリングにのダイヤモンドの大きさを減らす代わりに、バンドスタイルやシンプルな贈り物カップリングのデザインを強調した、デイリージュエリーリングをメインにすることもある。

これは、ダイヤの指輪などの宝石が高価なので、普段の着用に負担を感じたり、共働き夫婦の活動の成果も関連があると思われる。

横浜にある結婚指専門店の方によれば、「最近、結婚指輪は、宝石や貴金属としての価値ではなく、個人の好みや個性を強調している場合が多い」とし、「高級ながらもシンプルなデザインの結婚指輪と、ダイヤ製品のリングとのセットなどが人気を得ている」と説明した。

ダイヤの指輪、結婚の意味を価格で評価することができない。

また結婚財テクに活用することにも注目されている。

「ダイヤは永遠である」という宝石会社の広告コピーが関心を集めたかのように、まだ結婚指輪の最高人気はダイヤの指輪であることは誰も否定しないだろう。

ただし、既存のにカラットが大きいほど関心を受けたものに比べて3分や5分のダイヤが人気である点が新しい。

最近の若いカップルを間に金製品やダイヤなどの宝石が家電製品や他の贈り物に比べて金銭的な価値を認められ、別名「ウェディング財テク」として人気である。

こういうことから、ダイヤの指輪を購入する際に公信力のある宝石鑑定書などを入念に取りまとめる夫婦も増えている。

ダイヤ鑑定専門者は「ダイヤリングに入るダイヤの重さや大きさも重要ですがカット、色、原産地、等をよく比較しなければならない」とし、「宝石の価値が永遠を象徴するように財産的な意味よりも結婚の意味の価値に重要視しなければならない」と強調した。

「最近では、プロポーズの指輪を結婚カップルリングに活用する場合もある」とし、「お客様の好みや予算に応じて、高価なダイヤモンドなどのダイヤの指輪とジュエリーリングを好む場合もあるが、夫婦間のシンボルや個性に応じてダイヤリングや個性的なカップルリングは、大きな制限がなくなっている傾向にある」と付け加えた。

Write a comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans